9ballsyndrome

カテゴリ:Molehill Stage3D の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Molehill Stage3D API カメラについて

 

iFlash3Dさんの記事拙訳第四弾。

iFlash3D "Flash 3D – Molehill Cameras"

 

前回ちらっと触れたジオメトリパイプラインのビュー(カメラ)座標変換について。

原点からの座標ではなく、カメラから見た座標を使おうという話。

これができれば一人称視点のウォークスルーはパッと作れちゃう。

 

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/08/14(日) 01:45:41|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API プロジェクション変換について

 

iFlash3Dさんの記事拙訳第三弾。

iFlash3D "Flash 3D, Molehill and The Perspective Divide"

 

透視投影のプロジェクション変換について。

いわゆる遠近法。この変換をするだけで俄然3Dっぽくなる。そんな話。

 

続きを読む
  1. 2011/08/12(金) 02:22:05|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API 入門 Stage3Dで霧表現

demo ( 要 Flash Player 11 )

 

そのうちかく
  1. 2011/08/07(日) 17:13:29|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API テクスチャのおさらい

今日はこちらの記事の紹介

Pixelante "Creating Stage3D Textures (tutorial)"

Stage3Dにも慣れてきた(つもり)ところでもう一度テクスチャ周りを復習してみる

 

続きを読む
  1. 2011/08/01(月) 17:40:39|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API リファレンスカード

iFlash3D "Molehill AGAL Reference Card Download Available"

 

 

AGALとcontext3D周りのAPIの働きと分類を視覚的に表したリファレンスカード。

Stage3Dの理解に役立つかも。

進化図みたいでおしゃれなので印刷して部屋に飾ってもよし。

 

こちらでメールアドレスを登録するとダウンロードできる。カードを更新したりすると登録したアドレスにニュースを送ってくれるとか。

 

GPUのリファレンスカードとかけてるんだろうか

 

  1. 2011/07/29(金) 12:04:37|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API 入門 Stage3DでPerlinノイズ

前回でStage3Dで頂点を設定し、テクスチャが貼れるようになった。

今回は練習にperlinノイズを作ってみよう。

 

perlinノイズとはいわゆる雲模様フィルタの元となるようなやつで、規則性のあるランダムさを表現するのにとても便利だ。

Wikipedia "パーリンノイズ"

 

ActionScriptのBitmapDataクラスにも実装されているのだが、Octaveを増やし、特定のOctaveをガンガン動かすとなるととても重くて使えたもんじゃない。

そこで今回GPUを使ってperlinノイズを描画してみよう。

 

htmlのwmodeを変えただけだが、Stage3DをGPUを使ったものと、ソフトウェアエミュレートと2種類のデモを用意した。
FPSやCPUの使用率を見るとGPUを使ったStage3Dの優位性が見えてくると思う。

demo1 Hardware ( 要 Flash Player 11 )

demo2 Software ( 要 Flash Player 11 )

 

続きを読む
  1. 2011/07/20(水) 11:56:15|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API 入門2

 

前回はStage3Dで実際にswf描写できる、おそらくもっとも簡単な例について解説した。

各頂点それぞれに色情報を設定しておくことで、変換行列でスクリーンに投影したときに三角形の中の各ピクセルの色が各頂点の色を補間した形で設定されていた。

今度は色情報ではなく、uv座標を設定することでテクスチャを貼り付けてみよう。

 

demo ( 要 Flash Player 11 )

 

続きを読む
  1. 2011/07/18(月) 13:20:49|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API AGAL言語について2

Molehill Stage3D APIでシェーダとして使用するAGAL言語について。

 

前回に引き続き、iFlash3D "My Name is AGAL, and I Come from Adobe – Part2"の拙訳を。

 

続きを読む
  1. 2011/07/16(土) 13:56:47|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API viewPortについて(暫定)

Stage3D.viewPortだけど

β11.0.1.60からなくなったよ。

インキュベーターのplayerglobal.swcでコンパイルしたデモはたぶん見れません


それに伴って各種ライブラリを使ったデモも見れなくなるかと

きっと早急に対応してくれることでしょう




11.0.1.60以降はStage3Dのxプロパティとyプロパティで位置を指定する。


widthとheightだけど、Context3Dにプロパティができるみたいだけど今の11.0.1.6のplayerglobal.swcには組み込まれてないみたい。

とりあえず

stage3D.viewPort = new Rectangle(0, 0, 550, 400);

の行を消せばコンパイルは通るはず。

暫定。
  1. 2011/07/14(木) 22:00:35|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API AGAL言語について

Molehill Stage3D APIでシェーダとして使用するAGAL言語について。

 

前回(毎回)、勝手な妄想で記事を書いたがちょっとAGALの仕様について調べてみた。

公式のASDocのProgram3Dの項及びAGAL Bytecode Reference(pdf)に一応の言語仕様のようなものは見られるが正直よくわからない。

 

iFlash3D "My Name is AGAL, and I Come from Adobe – Part1"になかなか良さげな説明があったので、拙訳を載せてみる。

 

 

続きを読む
  1. 2011/07/13(水) 15:28:36|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。