9ballsyndrome

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alternativa3D 8.8.0 リリース

 

Alternativa3D 8.8.0リリース

 

変更点を見てみよう

- TextureMaterial, VertexLightMaterial, LightmapMaterial now supports the map-transparency and alpha property.
- EllipsoidCollider class was added.
- concatenatedMatrix property was added in Object3D.
- New class SkyBox was added.
- FileTextureResource: after a repeated call to upload() the resource is not destroyed now.
- FileTextureResource: you can get and set the texture data now.
- FileTextureResource renamed to ExternalTextureResource.
- StandardMaterial supports Object-space normal maps now.
- ColladaMaterial renamed to ParserMaterial.
- Bug with culling of scaled objects in camera was fixed.
- ParserA3D: glossiness maps are parsed for materials now.
- Geometry: findVertexBufferByAttribute renamed to findVertexStreamByAttribute.
- ParserCollada: A bug, when model without vertex normals parsed, was fixed.
- clone() method was added to Skin.
- Parsing of Skin with animation from collada was fixed.
- Lighting in StandartMaterial, VertexLightMaterial, when models have non-identity scale, was fixed.
- Primitive Box contains vertex tangents now.
- Property alwaysOnTop was added in the Sprite.
- StandardMaterial: glossinessMap property was added.
- Opacity map parses from A3D now.
- Bug with textures assignment in ParserA3D class was fixed.
- Vertex tangents are loaded from A3D now.
- ParserA3D: bug, when Geometry methods worked incorrectly on a parsed model, was fixed.
- DirectionalLight: bug with wrong light direction after parsing from Collada was fixed.
- Surface: owner property renamed to object.
- Mouse events work properly now after creating the View with zero width or height.
- View can be any size now without throwing exceptions.
- Decal class was added.
- WireFrame class was added.
- Posibility to use StandartMaterial and VertexLightMaterial with sprites was removed.
- Fillmaterial: the color property has uint type now.
- A bug in dispose() method of Geometry class was fixed.

 


- TextureMaterial、VertexLightMaterial、LightmapMaterialクラスが透過マップとaiphaプロパティをサポート
- EllipsoidColliderクラスを追加
- Object3DクラスにconcatenatedMatrixプロパティを追加
- SkyBoxクラスを追加
- FileTextureResourceクラスでupload()の繰り返しの呼び出しの後、リソースは破棄されないように
- FileTextureResourceクラスでテクスチャデータをget/setできるように
- FileTextureResourceクラスをExternalTextureResourceクラスにクラス名変更
- StandardMaterialクラスでオブジェクトスペースのノーマルマップをサポート
- ColladaMaterialクラスをParserMaterialクラスにクラス名変更
- スケールされたオブジェクトをカメラでカリングする際のバグを修正
- ParserA3Dクラスで光沢マップをマテリアルに読み込めるように
- GeometryクラスでfindVertexBufferByAttributeメソッドをfindVertexStreamByAttributeメソッドにメソッド名変更
- ParserColladaクラスで頂点法線のないモデルを読み込んだときのバグを修正
- Skinクラスにclone()メソッドを追加
- colladaからのアニメーションのあるSkinの読み込みを修正
- モデルがnon-identity scaleを持っているときのStandartMaterialとVertexLightMaterialのライティングを修正
- PrimitiveのBoxが頂点接線を持つように
- Sprite3DクラスにalwaysOnTopプロパティを追加
- StandardMaterialクラスにglossinessMapプロパティを追加
- A3Dから不透明マップを読み込むように
- ParserA3Dクラスのテクスチャ割り当てのバグを修正
- A3Dから頂点接線を読み込むように
- ParserA3Dクラスで読み込まれたモデルでGeometryのメソッドがおかしくなるバグを修正
- DirectionalLightクラスで、Colladaからモデルを読み込んだ後に光の方向がおかしくなるバグを修正
- Surfaceクラスのownerプロパティをobjectプロパティにプロパティ名変更
- Viewクラスのwidthかheightを0にして作ったときでもMouseイベントが適切に動くように
- Viewクラスを例外投げられることなく任意のサイズにできるように
- Decalクラスを追加
- WireFrameクラスを追加
- StandartMaterialとVertexLightMaterialをspritesに使えないように
- Fillmaterialクラスのcolorプロパティをint→uintに変更
- Geometryクラスのdispose()メソッドのバグを修正

 

SkyBoxってのはそれぞれの面が取得できるみたい。PV3DのCubeみたいなもんかな
モデル関連の修正、追加が多い。
それだけ3Dモデル大事ってことだろう

 

 

追記

 

SkyBoxはでっかくつくってその中にカメラを入れる

部屋みたいなもんだった

マテリアルは裏面(内側)しか見えないよ

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2011/07/02(土) 12:24:31|
  2. Alternativa3D 8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Alternativa3D 8.8.0で透明マッピング | ホーム | Alternativa3D 8.5.0 さわってみた3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://9ballsyndrome.blog.fc2.com/tb.php/5-358a9965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。