9ballsyndrome

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AS3SX 入門1 Hello world!

title

 

AS3SXとは、FDTを開発しているPowerFlasherが始めた新しいサービスで、サーバーサイドをActionScriptで書いたswfで動作させようというものだ。

APIの他に(今後どうなるかはわからないが)swfをアップロードするサーバーとデータベースが無料で使える。

 

AS3SXに対して最初の反応、概要はこんなかんじだったようだ

togetter "サーバーサイドASのAS3SXがちょっと凄そうな件についてのまとめ"

 

 

また、AS3SXの動作などについての考察がこちらのお二方でされているので併せて読でおこう。

馬鹿全 "サーバーサイドASのAS3SXとその考察"

Rest-term "AS3SXはPaaSとして成功するか"

 

ちょっとさわってみた感じ、なかなか面白く、ActionScriptで簡単にサーバーサイドの動きを表現できることがわかったので、簡単な使い方を書いてみる。

 

 

続きを読む
  1. 2011/09/13(火) 16:12:19|
  2. AS3SX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

minimalcompsについて

minimalcompsについて。

 

minimalcomsはActionScript3.0でクールなコンポーネントを簡単に作成できるライブラリ。

ボタンやスライダー、ウィンドウなど様々なコンポーネントが使える。

各コンポーネントの説明や使い方はこちらを参照。

ActionScript入門Wiki "MinimalComps"

 

これからこのminimalcompsがコード中にでてくることがあるけど、特に説明しません。

ただ単にボタンや選択リストを簡単に作りたかっただけ。

 

  1. 2011/09/13(火) 01:17:27|
  2. ライブラリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API カメラについて

 

iFlash3Dさんの記事拙訳第四弾。

iFlash3D "Flash 3D – Molehill Cameras"

 

前回ちらっと触れたジオメトリパイプラインのビュー(カメラ)座標変換について。

原点からの座標ではなく、カメラから見た座標を使おうという話。

これができれば一人称視点のウォークスルーはパッと作れちゃう。

 

続きを読む
  1. 2011/08/14(日) 01:45:41|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D API プロジェクション変換について

 

iFlash3Dさんの記事拙訳第三弾。

iFlash3D "Flash 3D, Molehill and The Perspective Divide"

 

透視投影のプロジェクション変換について。

いわゆる遠近法。この変換をするだけで俄然3Dっぽくなる。そんな話。

 

続きを読む
  1. 2011/08/12(金) 02:22:05|
  2. Molehill Stage3D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Molehill Stage3D APIでGPGPUをやってみる1

実用化可能かはおいておいて、Stage3DでGPGPUを使うことを考えてみた。

そもそもFlashでGPUが利用可能に、という話を知った時からやってみたいと思っていたもの。

 

今回は考え方のお話。

 

続きを読む
  1. 2011/08/07(日) 17:15:18|
  2. GPGPU
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。